雪国に生(あ)れし友へ * A mon amie qui est née au pays de neige 

Fscn0623_800x600_800x600


せつせつとふる白雪を聴かまほし君の心にふりつむ六華(ゆき)

je voudrais écouter

des flocons de neige poudreuse  

qui tombent  

et s'accumulent 

dans ton coeur

ふくいくと雪よ降れかし あたたかき梅千輪のはなびらのごと


                                                                       天竺葵(テンジクアオイ)

Dscn0673_800x744





 

天の櫛 * the comb of the night sky

Dscn0617_2

ぬばたまの御髪(おぐし)ゆたけき大空をくしけづるらむ月蝕の月

the black hair

of the firmament 

is combed  

by the moon of eclipse 

in the last night of January



 

幕の開く前に * before the rise of the curtain

Dscn0544_3
ひとひらの初花は散る鷺娘つつむ六華のさきぶれとして

a flower-petal fell

before the rise of the curtain

it was the herald

of six-petaled flowers, snowflakes

that were to fall on Heron Maiden




 

この春も * in this new spring also

Dscn0452_800x613_3

この春も寝床で数ふる村の鐘 むきし慈姑(くわゐ)の数に届かず

Dscn0459_640x280
クワイのような小望月(1月1日)。あす2日はスーパームーンです。


この春も友の甘
(うま)酒酌み交はす有り難き朝ひとつ重ねて

in this new spring also

a blessed morning has come 

where my family

drink together in the sun

my friend's handmade rice wine, Suinin-no-sato


Dscn0458_800x532

半年ぶりのお酒…友のうま酒は「垂仁の郷」(中央)です。






 

待降節の二日月 * the second-day new moon in Advent

Dscn0391_800x491


やはらかくま深き闇を抱きしめて短き宵を去る二日月

 

the second-day new moon

leaving the short evening

embracing

the deep darkness

fondly and tenderly

 

Img_0546

 

 

竜田吟行帖

汽車ふたつ乗り継ぎ向かふ竜田川われを招くよ生駒の山が

Dscn0227_800x585

風もなく鞦韆(ぶらんこ)ゆるる紅葉橋 翁媼(おうな)の戯(たはぶ)れのあと

 

Dscn0230_800x460


木守柿はあかねの色の餅の花 神よ召しませ午後のお目ざに


Dscn0254_800x600


紅葉橋わたる人らを高みより透かし見てをり竜田の神は

Dscn0229_800x600


萩野台菜畑竜田菊見台花野めきたる生駒線沿ひ


「うばがゑとき 竜田川 北斎」の画像検索結果
北斎「百人一首姥がゑとき」より(google search)




バロックなコンサート

Dscn0064_1024x749
真珠をちりばめた絃のような蜘蛛の巣と、桜もみじ(*クリックで拡大します↑)

http://www.fuecom.net/original4.html (←プログラムはこちら*黒髪山音楽ホールHP)

 

双子座

風そよぐ天の河原の双子星 声のびやかに呼び交はしをり

シリンクス

白き紗をかづきて踊る葦の精(シリンクス)二人の牧神(パン)の魂(たま)を奪ひて

綺羅(きら)

あきさめを珠とふらせて竜田姫さくら紅葉(もみぢ)の綺羅を織りたり

春麗

あけぼのの春をまとひし咲耶姫 領巾(ひれ)ふるごとに桜東風(さくらごち)吹く

(舞踊のお写真は黒髪山音楽ホールHPよりお借りしました)

Dscn0057_1024x639
竜胆におく露か星座のような…(*クリックで拡大します)


セリオーソ(Serioso)

白珠の露散らしつつ竜胆(りんだう)精が弾きたる風 厳(いつく)しき

シリンクス

尺八となりし乙女は呉竹(くれたけ)の林の風の吐息ひびかす

 テレマン「イタリア風アリア」

食卓の音楽こさへしテレマンのイタリアふうのポトフ召しませ

「ポトフ」:フランス語で「ごった煮」

(Take yourself to this pot-au-feu à l' Italienne by Telemann, a composer of Tafelmusik !)

 ラモー「キュピ」

ヴェルサイユの紋付袴の笛人をさそふがごとき舞姫(キュピ)のタンバリン


Dscn0211_640x440_2
オークホールのロビー




桜もみぢと運動会 * school sports under cherry trees

Dscn0123_800x600

 

秋雨がみがきし青の天高く駆けのぼりゆく幼らの声

 

Through the blue of the sky polished by the long autumnal rain, children’s voices are running up and up.

 

Dscn0106_800x539_2


翌日は栗名月…


Dscn0124_640x442

 

前登志夫に寄す * To MAE Toshio

Img_2460_800x543


薄墨の木の切り株に漲
(みなぎ)れる樹液はこれこの山桜いろ

The sap is running through this gray stump, which is this pink of the wild cherry blossom.

三年(みとせ)かけ前登志夫を読む 

三十年(みそとせ)をうた詠まざるをくやしみながら

I have read complete works of Mae Toshio for three years, regretting these thirty years  I have not made tanka.

Img_2459_800x600


*(クリックで拡大)

前登志夫との出会いはおよそ30年前のことでした。

 

かたつぶりに寄す

Dscn0035_3


はにかみやこそ人気もの舞へ舞へまひまひ出む出む虫むし

 

Dscn0017_697x800_3

                               またの名は、まひまひつぶら[ろ]

                                                                  
  冬ごもり、それとも抜殻…(11月3日)

Dscn0128_640x480

                          でゝ虫の捨家(すていえ)いくつ秋の風    小林一茶


«白露(はくろ)の空

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ