鵤至(いかる いたる)

「いかる 鳥 」の画像検索結果

wikipedia

 

 

金いろの三角の嘴(はし)ぬれぬれと(いかる)は到る雨の樹のなか

 

 

斑鳩の里し恋しも鵤(いかる)鳴くみ寺に吾の前世ありとや

 

 

1024x545_2

 

夢殿 安田靫彦 東京国立博物館蔵 Yumedono YASUDA Yukihiko Tokyo National Museum




 

夏から秋へ * from summer to autumn

Dscn2793_800x556

低空(ひくぞら)に夏 高空(たかぞら)に秋がゐてすれちがふのか綱引きするか   (9月1日)
While summer is in the lower sky,

autumn is in the higher sky.

Are they passing each other

or having a tug-of-war ?

 

五分後の余震に割れるかもしれぬ鳥の器のくぼみを磨く


災害のたびに交はせるEメイルぽつりぽつりと街灯のごと

 

Dscn2779_800x600




火星大接近 * Mars' Closest Approach

Dscn2584
飛天のような朝雲

常よりも大きく光る火の星はまたたかぬ星もう燃えぬ星

 

Mars

shining stronger than usual

is a star

that does not twinkle

that does not burn any more

 

布団から火星が見えると父の声背中で聞いてカメラをのぞく


Dscn2563

ネウマ譜のような有明の月

 



 

喜寿のお祝い * celebration of our teacher's 77th birthday

533x800


喜寿こえし恩師を囲む祝宴をしづかに守る門(かど)の兵馬俑

「〇ちやん」と恩師がいへばたちまちにここはインドの中華飯店

平成は地震(なゐ)大水の多き御代(みよ)平和あれかし残る月日に


Heisei,
the era of the Peace
of both inside and outside the country,
has been the era
of the Earthquakes, Floods, etc.
I cannot help praying the Peace of the rest of the era


Photo



能楽堂へ続く道 * my road leading to the Noh theatre

Dscn2346


歌びとの語るお能のみ堂へとつづく小道に照る白丁花


壇ノ浦に千鳥は飛ぶや銀鼠の波の着物が平家を語る


did plovers fly

in Dan-no-ura Inlet?

a poet in kimono

with silver waves’ pattern

explains The Tale of the Heike


大原の古きみ寺を飛び去りし蛍はねむる歌人の帯に

Dscn2349






雨後のあぢさゐ寺 * Hortensia au Mimuroto-ji

Dscn2112_800x470


鐘の音とほととぎすの音ひびき合ふ紫陽花みちに踏みまよふとき

Un petit coucou
et la cloche s'appellent
quand nous
perdons notre chemin
dans le jardin d' hortensia


Dscn2179_800x600
黄檗山萬福寺の鐘 * une cloche du Manpuku-ji

お遍路のようなカタツムリ * pèlerin-escargot

Dscn2105_2


 

光の音 * light inside and outside of Biwako Hall

Dscn2017_800x600

びわ湖ホールで友が歌うバッハ「ミサ曲ロ短調」に寄せて

 

サンクトゥス聖なるうたをありがとう声も楽器もひかりの音に

special thanks

to your Sanctus,

where

the chorus and music

harmonized to be one light

 

Fscn2043



嵐山と三船祭 * Arashiyama~Mifune Festival

Dscn1848_673x1024_2


母と祖母と三人(みたり)でめぐりし嵐山はじめて会ひしフランス人(びと)とゆく

Arashiyama

je visitai avec ma mère et grande mère

il y a trente ans

je guide un couple français

que j’ ai rencontré aujourd’hui


Dscn1877_800x609_2


まづお菓子それからお茶と教へても苦かつたのね口がへの字よ

 

d’ abord un gâteau,

puis maccha thé,

bien que j’ai lui montré

“pas moins amer !”

sa bouche exprime.



Dscn1992_800x708_3

「ルリオ 鬼灯の冷徹」の画像検索結果

 


室生吟行帖

Dscn1482_768x1024


御陵(みささぎ)も咲(わら)ふ近鉄樫原線いつか訪ねむ百川(ももかは)の墓


うすく濃きみどりの山のむらさきは藤か桐かと告げあふ声す


ただ花を愛でに出かける人びとの平和な平日また来る年も



バスの窓より摩崖仏をみて詠める

 

摩崖仏われも彫りたし山藤と宇陀の川波うねるあはひに


観音(くわんおん)は御堂を出でて階
(きだ)おりて朝水くむやその水瓶に

 

手水鉢の柄杓(ひしゃく)にそそぐ山の水きのふの雨がつめたく匂ふ

口腔てふ柔(やは)き器官へしみじみとしみこんでゆく山の霊水

目の前でまるめし温(ぬく)い蓬(よもぎ)もち行きしな一つ帰りはふたつ




山吹吟行帖

 

Dscn1434_800x599
井出の玉川 十首


遠かはづ響きそめにし枕辺の夢にちり敷く山吹の花


春ふかみ光あふるる井出の川 玉みづ浅く指に冷たし

どこまでも続く黄金の花こみち足をとめれば蛙(くく)のつぶやき


さくら散りやまぶき盛りを過ぎたれど かはづの声を聴くべきはいま

わが友の里には繁き河鹿の音
(ね)ただ一声で吾(あ)を酔はしめき


山吹の花垣つづく通ひみち標
(しるべ)ともせよ歌の碑(いしぶみ)


西行も小町も歌ひし井出の川 黄金の花も滝とながるる


清々と若き緑に包まれてカメラを仕舞ふ折り返し点


足癒えし友のステッキ、ストックと呼べばたちまち山ガールとなる


轟轟と唸るユンボも黄金いろ歌の枕の夢な散らしそ


Dscn1348_800x602_2
松尾大社 三首

 

嵐電のむらさきこゆき車二両 山べの藤のゆかりとぞ見る

 

どんしやらら神楽ゆるらに風にのり禰宜(ねぎ)の祓(はら)ひのはじまりを告ぐ

 
あのひとが好きだと言つた射干の花ことしも咲きぬ ことなる苑に



Dscn1402_800x601

«吉野吟行帖

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ